Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2009年6月11日木曜日

今日頭の中で流れていた曲 ~誰かこの曲を止めてくれ!!~ Sweet Female Attitude(イングランド)- Flowers

Sweet Female Attitude(イングランド)

マンチェスターのStockport出身のLeanne BrownとCatherine Cassidyによる女性デュオ。2000年4月にシングル Flowers をUKチャートで2位に。
続いて10月に 8 Days A Week をだすも、43位。

2001年に、Don't Tell Meが、ドイツでのみリリース。同年11月に、やはりドイツでのみアルバムIn Personがリリース。
4番目のシングル、Liquid Emotionはリリースされずじまい。(私の持ってるアルバムには未収録)

彼女たちはその後数年を作曲に専念。他のアーティストへの曲の提供もしているらしい。

Sweet Female Attitudeという名前には、
「美人で痩せた」とかいった業界の型どうりになるんじゃなくて、ありのままの自分自身をハッピーに受け入れる、リアルなイギリスの女の子たち
といった意味合いがあるんだって。

Sweet Female Attitude - Flowers



Sweet Female Attitude - 8 Days A Week


彼女たちはどうも再結成して2009年には新曲をリリースするみたいだよ。楽しみ。


2009年6月3日水曜日

今日買ったCD 5枚 2009年6月3日

今日買ったCD 5枚 2009年6月3日

Jason Donovan(オーストラリア?)- Between The Lines

オーストラリアのソープオペラ、Neighbours出身。この番組からはラッセル・クロウRussell Crowe、ガイ・ピアースGuy Pearce、HouseのJesse Spencerとか、歌手ではNatalie Imbruglia、Delta Goodrem、Kylie Minogue、Holly Valanceなんかも、珍しいところではSawシリーズの脚本をco-writeしてなおかつ主演のLeigh Whannellとかもこれ出身の、何の登竜門かわからないけど登竜門な番組出身。

88年にはアイルランドチャート、UKチャートで1位、UKでゴールド、フランスでシルバーレコードを取ったToo Many Broken Heartsを。




同年、Kylieとのデュエット、Especially for YouではEurochart Hot 100、UK、アイルランド、ベルギー、香港、レバノン、イスラエルチャートで1位。

Kylie Minogue & Jason Donovan - Especially for you



89年にはSealed with a KissをカバーUKチャートで1位に叩き込む。最初にレコーディングしたのはThe Four Voices(1960年)だがBrian Hyland(アメリカ)の方が有名のようだ。あのChris de Burgh(アイルランド)もカバーしている。


Brian Hyland - Sealed with a kiss 1962


日本ではこっちの方が有名なのかな?Lettermen(アメリカ)版。
母も知ってましたよ。
涙のくちづけ/レターメン Sealed With A Kiss/Lettermen


Sealed With A Kiss - Jason Donavan



ドラッグもやってたみたいで90年代後半は1日コカイン2グラム摂取していたんだって。1995年のKate Mossの21歳誕生日パーティーではドラッグによる発作を起こしたり、大変だったみたいだね。
96年には玉置 浩二とオーストラリア映画The Last Bulletに出てたんだって。


2004年にはロンドンで、ミュージカルちきちきばんばん、Chitty Chitty Bang Bangをやったり、2006年にはすうぃーにー・とっどSweeney Toddをやったり、I'm a Celebrity...Get Me Out of Here!とかいうリアリティーショーに出たり。


Jason Donovan - When you come back to me (1989)


Jason Donovan - Hang on to your love (1990)




PWL。ですんで、PWLな音です。PWL好きな人はぜひぜひ。



同名の自伝かなんかも書いてます。
リンクに表示されるテキスト







MD.45(アメリカ)- The Craving

Megadeth(アメリカ)のギタリスト/フロントマンであるDave Mustaine、Fear(アメリカ)のギタリスト/ヴォーカルの Lee Vingがヴォーカル担当、ベースの Kelly LeMieuxと、元Suicidal TendenciesのJimmy DeGrassoのドラムからなるグループ。
バンド名はメンバーの頭文字、MustaineとDaveのMD、45はローマ数字でVing、LeeでVLなんじゃないかって。でも本当はローマ数字では45はXLVなんだってさ。
このアルバムは96年5月に日本先行発売。ほかの国では7月からの発売。

The Creedって収録曲はもともとMegadethのデモソングだったんだって。


リマスター版ではMustaineがヴォーカル、ハーモニカパートはギターで再現。ライナーノートによるとヴォーカルとハーモニカのトラックがなくなってたんだってさ。でもLeeのヴォーカルは評判が悪かったみたいで、これでファンも満足、みたいな。









Zoom(デンマーク)
リードヴォーカルのAnja、Brandon Krikham、Ali Gatorからなるプロジェクト。
彼らのシングルは、 Aqua(デンマーク)、Me & My(デンマーク)、Tiggy (デンマーク)とかのHartmann & Langhof が担当。

英語ばっかりなEU圏アーティスト物の中では珍しく、多分デンマーク語のトラックも収録。


チュニジア生まれのフランスの歌手、F.R. Davidの名曲、Wordをカバーしてる。彼のこの曲はオーストリア、Eurochart Hot 100、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン、スイスのシングルチャートで1位、オランダ、ドイツ、イタリア、UKチャートで2位という化け物級の曲。
まずオリジナル。

FR David - Words


で、こうなる。



Last.fmによるとほかにも3つ同名グループがあり、そのうち2つはドイツグループ、まぎらわしいことVeronaの如く。







Trust Company(アメリカ) - True Parallels

メンバー入れ替えもあったみたいだけどこのセカンドアルバムではヴォーカル/ギターKevin Palmer、ドラム/バックヴォーカルJason Singleton、ベースJosh Moates、ギター/バックヴォーカルに日系のJames Fukai。