Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2011年10月7日金曜日

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ



可愛らしく、甘く囁き系の歌声にちょっとダンステイストが入ったアメリカのグループLate Night Alumniをご紹介。歌い方に好き嫌いが別れるところかもしれないが、Lykke Liの歌い方がいけるひと、好きな人はハマれるかもしれない。


----------


結成~ファーストアルバム『Empty Streets』


2003年、Finn Bjansonが数曲プロデュースした地方のクリスマスCDを聴き、Becky Jean Williamsの声に美しい声とスタイルに感銘を受け、「Empty Street」を作ることとなる。FinnはすでにKaskade(アメリカ)ことRyan Raddonと共に働いていたこともあり、Finn、Kaskade、BeckyでLate Night Alumniを結成。2004年にHed Kandiからフルアルバム制作のオファーを受ける。まだなにか足りないと感じていたFinnが、「一緒に働くきっかけを何年も探していた」というプロデューサー、John Hancock(命名はアメリカ独立宣言に署名したジョン・ハンコックから取られているとか)を加え、ファーストアルバム『Empty Streets』が完成する。発売の2005年はHed KandiがMinistry of Soundに買収された時期と重なったため、レーベルからのサポートは得られなかったものの、人気を博した。

シングル「Empty Streets」はUKでトップ10ラジオプレイに選ばれ、スペインでは1位を記録。トヨタのコンパクトカー、「iQ」のコマーシャルにも同曲が使われた。曲名通り、人通りも車通りもないストリートをiQで走り抜けるコマーシャルとなっている。その映画『ブレードランナー』にも似た偽物の日本の姿が癪にさわったから作成された…なんてわけではないだろうが、日本の電車から撮影されたものと思わしき美しい映像にあわせて「Empty Streets」が流れるものがあったのでどうぞ。





『Empty Streets』 こちらの版はレーベルが「Hed Kandi」となっている。


日本版タイトルは『レイト・ナイト・アラムナイ』となっている。右はiTunesでの視聴/購入用リンクだ。

iTunes版のレーベルは「Quiet City Records」となっているためかHed Kandi版とはジャケットもタイトルも違い、4曲曲数が多い。増えているのは(少なくともiTunes版だと)「Minutes」、「What If I Say Please」(セカンドアルバム収録同名曲と同じ曲。収録時間がこちらのほうが4秒長いが。)、「Empty Streets (Haji & Emanuel Remix)」、「I Knew You When (Chuck Love Remix)」となっている。