投稿

2月, 2009の投稿を表示しています

人生いろいろ、ヴェローナいろいろ・・・。Verona

人生いろいろ、ヴェローナいろいろ・・・。Verona

iTunes Storeのお勧めもたまに信用してみようか、とか思ってiTunesのiTunes Storeをクリック。
相変わらず私にアピールしてくるものはないなぁ、と思っていた矢先、目に飛び込んできたのは
「ヴェローナ - La Musica」
うーん。カタカナ表記か。変な感じだな。とか思いつつ視聴してみると、いい感じでした。

メロディーが意外にいい感じ。

ほうほう、ヴェローナ - ティ・セントって曲もあるぞ。あー、これも好きだな。

メロディーがヨーロッパっぽけど、どこの人だろう?
さすがにカタカナ表記なんだから日本語版でてるんだろうなー。
と、探してみるも・・・

無い?Amazon.co.jpにもないし、ググっても無いようで。じゃあiTunesのアルバムアートから読み取れるアルファベット、Veronaで検索。

そして見つかったのはこちら。


2007年ユーロヴィジョンソングコンテストでLa Musicaを歌うVeronaさん。





ティ・セントこと、Verona- Ti sento。




そ し て ・・・。

VERONA Stay With Me


あれれ、聞いたことがあるぞ?
そう、それは例のコンピアルバム、KLF、レビューしていないDisc2に収録されている曲でした。
キーボードをたたいている坊主頭のおじさんも登場です。
このビデオ投稿者、rproduction、多分VeronaのCD販売元か何か、によると、county: Czech。おー、チェコですかー。
(ちなみにこのrProductionのアドレスも掲載されてるんだけど、アドレスはwww.rproduction.sk。skはスロバキアの国コード。あれ?)
おー、本国ではベスト版も出てるんだ。



と、ここまで調べてきて、まだ疑問なのはこっちのVeronaとあっちのヴェローナは同一人物なのかということ。
実はiTunes Store内にもこの坊主のおじさんと女性がアルバムアートに写っているものが存在する。

ヴェローナ-ライフ・イズ・ファンEPってやつで、オリジナル・クゼッホ・バージョンってのが入ってる。(「クゼッホ」がオリジナルの言語表記なら楽に探せるだろうに・・・。)


でも、「ヴェローナwithおじさん」と「ヴェローナ」、女性ヴォーカルの顔がだいぶ違う。整形かなー。
わからないから自分の耳を信じて聞き比べよう…