投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

弱冠18歳、柳原可奈子似の歌姫Diandra(フィンランド)「Outta My Head」

イメージ
DiandraことDiandra Floresは今年のフィンランド版『アイドル』(第6シーズン)の優勝者。チリ出身の父親と、フィンランド人の母親を持つ1994年生まれ、弱冠18歳の歌手だ。

2004年には、フィンランドの子供向け歌コンテスト『Staraoke』(「スター」と「カラオケ」をかけてる)で優勝している。

デビューアルバム『Outta My Head』は、『アイドル』優勝のたったの2ヶ月後、2012年6月にリリースされた。アルバムはフィンランドのアルバムチャートで1位を記録している。

テレビ曲の「今後放映する映画」のコマーシャルにも採用され、キャッチーでパワフルなサビで人気、アルバムタイトルともなっているセカンドシングル「Outta My Head」をどうぞ。




お次はアルバムからのファーストシングルのくせにアルバムではボーナストラックとして入っている「Onko Marsissa Lunta?」

Carly Rae Jepsen(カナダ)「Call Me Maybe」とNSFWな口パクパロディーの数々。

イメージ
カナダはブリティッシュコロンビア州出身の26歳、Carly Rae Jepsen。カナダ版『アイドル』のシーズン5で3位となった彼女は2008年にデビュー・アルバム『Tug of War』をリリースしているが、2012年2月には別のレコード会社から新EP『Curiosity』をリリースしている。今年9月にはセカンドアルバム『Kiss』をリリース予定だ。





『Curiosity』からのリードシングルであるこの曲「Call Me Maybe」は2011年9月のリリース後、本国カナダはもとより、オーストラリア、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ニュージーランド、ポーランド、スコットランド、スロヴァキア、南アフリカ、スイス、UKシングル、USビルボードHot 100、ベネズエラのチャートで1位を記録という快挙をなしとげている。

また、この曲により彼女はAvril Lavigne(カナダ)の「Girl Friend」以降初めてビルボードHot 100でシングルが1位となったカナダ人女性アーティストであり、同Hot 100でデビューシングルが1位となった女性アーティストとしてはKeshaの「Tik Tok」以降初めて(そして、両曲ともに9週連続1位)だそうな。

そんでもって、この曲の口パク/リップシンク動画が流行っている。流行曲の口パクビデオなんてそう珍しくもないが、面白いのは有名人までやってる動画があるということと、もうひとつはアッチ系の動画が多いということ。まずはこの動画をご覧あれ。なんと、Justin Bieber(カナダ)にSelena Gomez(アメリカ)、Ashley Tisdale(アメリカ)、そしてテレビ番組『Big Time Rush』内のバンドBig Time Rushの面子が出てきて歌ってるのだ。

Donkeyboy(ノルウェー) 元気の出る変ダンス曲 「City Boy」

イメージ
彼らのMySpaceにWarner Musicの人が目につけ、契約に至ったという、アメリカンドリームならぬ、ノルウェージャンドリームでもなく「インターネットドリーム」を実現しちゃったノルウェーの5人組バンド。

彼らのセカンドアルバム『Silver Moon』に収録されている「City Boy」が頭の中でヘビーローテーション中なので、今日はこの曲とアーティストについてご紹介。ビデオも素敵なのでまずはご覧あれ。



2011年11月リリースのこの曲、ノルウェーのシングルチャートと、デンマークのチャートでも1位となった他、今もよく流れているここフィンランドでも7位を記録している。こちらのiTunesリンクから試聴購入可能だ:



さて、時を遡って2009年。