投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

イメージ
シャーリーズ・セロン主演のハードコアなアクション映画『アトミック・ブロンド』。1989年のベルリン崩壊前後を背景に、スパイ達の活躍を描いた映画。予告編で使われるNew Orderの「Blue Monday」(83年版)が印象的だが、本編収録曲も当時流行った曲ばかり。作中で流れる曲が、ただの映画の背景音楽ではなく、「映画作中の人がシーンの最中に聴いている音楽」となっているところも面白い。

時代背景や音楽を知らなくても楽しめる映画だが、前回紹介した映画『ベイビー・ドライバー』と同じく、使われる楽曲を知っているとさらに楽しめるはず。まずは予告編から。





動画はUniversal Pictures より。


なお、映画音楽はタイラー・ベイツ(Tyler Bates)が担当。本作監督のデヴィッド・リーチ(David Leitch)の前作である『ジョン・ウィック』、ジェームズ・ガン(James Gunn)監督の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや『スリザー』などでも音楽を担当している他、ザック・スナイダー(Zack Snyder)監督作品『ドーン・オブ・ザ・デッド』、『300』、そして本作と同じく80年代の名曲がたくさん流れる『ウォッチメン』でも音楽を担当している。

紹介楽曲

・New Order・Health -「Blue Monday」
・Depeche Mode -「Behind the Wheel」
・Queen & David Bowie -「Under Pressure」
・David Bowie -「Cat People (Putting Out the Fire)」
・Peter Schilling -「Major Tom (Völlig Losgelöst)」
・Nena・Kaleida -「99 Luftballons」
・George Michael -「Father Figure」
・After the Fire・Falco -「Der Commissar」
・Siouxsie and the Banshees -「Cities in Dust」
・Re-Flex -「The Politics of Dancing」
・Marilyn Manson & Tyler Bates・Ministry -「Stigmata」
・A Fl…