Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2014年11月8日土曜日

ブロムカンプ新作『チャッピー』の予告編に出てくるあの人達は…南アフリカのレイヴ・ラッパーのDie Antwoordたち!

『第9地区』、『エリジウム』などの監督として知られるニール・ブロムカンプ監督と、両ブロムカンプ作品や『マレフィセント』で知られるシャールト・コプリーが主演ロボット役、そして南アフリカのラップ・レイブグループDie Antwoordの二人が本人役(!)で登場する映画だ。他にも『スラムドッグ・ミリオネア』のデーヴ・パテールやヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバーなどの有名ドコロもでるようだ。





これまで『第9地区』、『エリジウム』、両SF作品を通して経済格差や人種差別問題を描いているブロムカンプ監督。今回は人工知能で自我を得たロボットを主人公に、『第9地区』と同じく監督の出身国である南アフリカで撮影されている。どんな作品になるのか非常に楽しみだ。映画についてはKotaku Japanでも多少書かれているのでそちらも参照あれ。

この予告編を見る限り準主役的な役回りのDie Antwoordメンバーたちのことももっと知っていた方が作品を楽しめるだろう。なので今回はDie Antwoordについて軽くご紹介。



Die Antwoordはそれまでにもラッパーとして活躍していたリードラッパーNinja(Watkin Tudor Jones)と、もう一人のラッパーYolandi Vi$$er(Yolandi Visser)そして DJ Hi-Tek。彼らのラップはアフリカーンス語コサ語、英語などを交えて歌われる。この内少なくともNinjaとYolandiが映画『チャッピー』に出演するようだ。

Die Antwoordの音楽/ヴィジュアルスタイルは「Zef・カルチャー」という南アフリカの白人労働者階級のスタイルを取り入れたものだそう。実際にミュージックビデオを見ていただくとその言わんとするところがわかりやすいだろう。

2012年リリースのセカンド・アルバム『Ten$ion』から「Baby's On Fire」を見てみよう。





『Ten$ion』はUSビルボードのHeatseekersアルバムランキングで2位を記録している。









2009年に『$O$』をオンラインで無料リリースしていたが、後にInterscope Recordsと契約し、そちらから再リリース。

こちらは『$0$』から「Enter the Ninja」。メロディーは以前当ブログでもちらっと紹介したJohn Murphy作曲の「Strobe (Adagio in D Minor)」みたいだ。













こちらは2014年発売されたばかりのサード・アルバム『Donker Mag』からリードシングルの「Cookie Thumper」。





「Pitbul Terrier」。最初にピットブルテリアに噛み殺される人がアメリカのラッパーPitbullっぽくて面白い。










(abcxyz)

0 件のコメント:

コメントを投稿