Donkeyboy(ノルウェー) 元気の出る変ダンス曲 「City Boy」

彼らのMySpaceにWarner Musicの人が目につけ、契約に至ったという、アメリカンドリームならぬ、ノルウェージャンドリームでもなく「インターネットドリーム」を実現しちゃったノルウェーの5人組バンド。

彼らのセカンドアルバム『Silver Moon』に収録されている「City Boy」が頭の中でヘビーローテーション中なので、今日はこの曲とアーティストについてご紹介。ビデオも素敵なのでまずはご覧あれ。



2011年11月リリースのこの曲、ノルウェーのシングルチャートと、デンマークのチャートでも1位となった他、今もよく流れているここフィンランドでも7位を記録している。こちらのiTunesリンクから試聴購入可能だ:



さて、時を遡って2009年。彼らが発表したデビュー・シングル「Ambitions」はノルウェーのシングルチャートで1位を記録。同シングルチャートには2009年だけで13週間チャートイン、2010年3月には連続で52週間チャートに入っていると報じられた。また、2010年にはスウェーデンのシングルチャートでも1位を記録している。

この曲にはゲストヴォーカルとしてLinnea Dale(ノルウェー)[*1]が参加している。彼女はノルウェー版『アイドル』シーズン5で7位となった人物で、Donkeyboyのファーストアルバム『Caught in a Life』では、この曲の他に「Sometimes」と「Awake」でも歌声を披露している。

英『Xファクター』第6シーズンでは、このシーズンの勝者となったJoe McElderryによってカバーされている[*2]。もなっている。

ミュージックビデオは、「人生に熱望/アンビションを失ったことから発病する」架空の病気「Abicere Leprous」に侵さた人々へのインタビューという形で進行する。





もっと明るい、「City Boy」にもつながるところのあるようなバージョンも存在する。





ノルウェーチャートでは12週連続1位を保ち続けた「Ambitions」だが、それを塗り替えたのもまたDonkeyboy自身の曲だった。彼らのセカンドシングル「Sometimes」だ。これによりチャート1位、2位を独占したわけだが、ひとつのノルウェーのアーティストによって1位と2位が独占されるのはノルウェーシングルチャート初だったとのことだ。

こちらはノルウェーの(たぶん朝の)テレビ番組『God Morgen Norge』で演奏された「Sometimes」の動画。





「Ambition」、「Sometimes」他にもノルウェーでトップ10入りした「Broke My Eyes」、「Awake」、「Blade Running」が収録されたデビュー・アルバム『Caought in a Life』は2009年10月リリース。当然ながらノルウェーアルバムチャートで1位となっている他、スウェーデンチャートでも6位となっている。iTunesから視聴購入が可能。



Amazon.co.jpでも扱っている。


なんだか値の張る「International version」(国際版)なるものもある。



一番最初に紹介した「City Boy」が収録されているセカンドアルバム『Silver Moon』は2012年3月にリリースされ、ノルウェーチャートで2位、デンマークチャートで35位となっている。iTunesからも視聴購入可能。


Amazonからも可能だが、こちらのUS版しか扱っておらず、値段も高い。


そういえば、『Silver Moon』からのセカンドシングルで今年2月リリースの「Pull of the Eye」はノルウェーで11位を記録している。


2011年にDonkeyboyは、国際的な成功が認められヨーロピアン・ボーダー・ブレーカーズ・アワードを受賞している。この賞は例えばこのブログでも紹介したThe Baseballs(ドイツ)、Tokio Hotel(ドイツ)、『トワイライト』でお馴染みとなったLykke Li(スウェーデン)、Adele(イングランド)なども受賞している。


//////////


[*1] Linnea Dale自身のファーストアルバム『Lemoyne Street』は2012年4月リリース。韓国のではなくノルウェーのロックバンド、BigBangのメンバーであるØystein GreniとNikolai Eilertsenがプロデューサーとして参加している。残念ながらiTunesでもAmazonでも扱っていない。

[*2] Joe McElderryのデビューアルバム『Wide Awake』からセカンドシングルとしてリリースされた「Ambition」も好評だったようで、ヨーロピアン・ホット100シングル・チャート、アイルランド、スコットランドのチャートで4位、UKシングルチャートで6位を記録している。Joe McElderry版の「Ambition」はこんなかんじだ。




コメント

コメントを投稿

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ