『ある日フィンランドで、ホームパーティーにおよばれした。 パート2 ―髪型、宗教教育と語学能力―』

オンライン書籍パブリッシングサイト「パブー」で、『ある日フィンランドで』の新作を公開しました。


 『ある日フィンランドで、ホームパーティーにおよばれした。 パート2 ―髪型、宗教教育と語学能力―

 前回のホームパーティーの続き。フィンランドの若者に人気の髪型からはじまり、宗教教育、字幕文化、そして英語能力を日本人と比較したりする話。 まだまだ続く、『ある日フィンランドで』シリーズ第三弾。
(21ページ、写真入り、約1万6000字、販売価格30円)


第4弾はフィンランドでのクラブの話になる予定です。

コメント

過去1年の記事ランキング

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

ヨーロッパでも人気になりつつあるフィンランドの若き歌姫Alma

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

主にスウェーデンのダンスポップ系のとか、海外アーティストの歌ってる日本語の歌とか、ごちゃごちゃ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ

「オリンピックはゲイっぽい。」カナダからロシアへ、皮肉を込めたボブスレー動画にThe Human League(イングランド)