弱冠12歳のフィンランドの美少年シンガー Isac Elliot - New Way Home


美少年とか言った言葉に反応する層を狙ったタイトルにしてるけど、Robin(フィンランド)に続き(?)出てきた若年シンガーIsac Elliot。2000年12月生まれの彼は元々少年合唱団Cantones Minoresで歌っていたそうで、ミュージカルなんかにも出ているそうだ。今回紹介するのは彼のファーストアルバムから、今年2月にリリースされたファーストシングル「New Way Home」と、それに続くセカンドシングル「First Kiss」。

まずはフィンランドチャートで1位を記録した「New Way Home」をどうぞ。





フィンランドの友達は「ラジオで流れているのを聴いたときは、アメリカの女性シンガーか何かかと思った」なんて言っていたが、確かに、La Roux(イングランド、女性ボーカル)とか言っても違和感ないかも。

ファーストアルバム『Wake Up World』は2013年5月にリリースされ、こちらもフィンランド・アルバム・チャートで1位を記録している。

残念ながらAmazonでもiTunesでも扱ってはいないのだが、

iTunesにもAmazonにもIsac Elliotのアーティストページらしきものはすでに存在するので、もしかしたらしばらくすれば販売してくれるのかもしれない。

こちらはセカンドシングルの「First Kiss」:


コメント

  1. サナエ カルレッタ2013年7月21日 7:36

    初めまして。

    ダンス系音楽・洋楽紹介のブログを検索してこちらにたどり着きました。

    私は海外アーティストのプロモーション支援をしています。

    今回はイタリアのアーティスト"Blue'Chaos'Light"の代理でご連絡させて頂いています。現在彼の音楽を紹介して頂けるブログを探していまして、突然ではありますが、こちらのブログで紹介して頂けないかと思いご連絡させて頂きました。

    資料として当アーティストのウェブサイトを記載させて頂きます。http://www.bluechaoslight.com/

    ご検討のほどよろしくお願いします。

    返信削除

コメントを投稿

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ