ヨーロッパでも人気になりつつあるフィンランドの若き歌姫Alma

抜群の歌唱力と奇抜な髪の色、1996年生まれ、21歳のAlma。フィンランドのKuopio出身で、元々はフィンランド版「Idols」(「アメリカンアイドル」、と同じフランチャイズのフィンランド版)に2013年に出場し、そのときは5位で脱落した。

その後にフィンランドのラッパーSini Sabotageの「Muuta ku mä」にfeatされた。





動画はsinisabotageより。

同年Almaは「Karma」を発表。フィンランドのチャートで5位、スウェーデンのチャートでも100位を記録





動画はAlmaより。





動画はcyberalmaVEVOより。

こちらは「Dye My Hair」、フィンランドのチャートで8位、ドイツで25位、オーストリアで26位となった

「Karma」、「Dye My Hair」はEP『Dye My Hair』に収録されている。





そして2017年「Chasing Highs」を発表。




動画はcyberalmaVEVOより。

この「Chasing Highs」はイギリスのチャートで28位に入ったことでフィンランドでも知られる。でもWikipediaを見る限りでは、フィンランドでの10位は当然としても、チェコで15位、ドイツで17位、オーストリアで22位、スコットランドで23位と他の地域でも人気なのだが、周りのフィンランド人たちからよく耳にするのは「イギリスでチャート入りした」ことばかりだ。それだけフィンランドにおけるイギリスのイメージ(ポップカルチャーにおけるイメージ)が大きな存在であると言うことか。





Almaは他にもFelix Jaehn(ドイツのDJ/プロデューサー)やSub Focus(イングランドのDJ/プロデューサー)、そしてMartin Solveig(フランスのDJ/プロデューサー、なんと2009年に彼に関する記事を当ブログで書いていた!)




Martin Solveig feat Alma、「All Stars」はフランスのチャートで32位を記録
動画はMartinSolveigVEVOより。

ちなみにこのAlma、先日行われたHelsinki Prideでも車上から歌を披露していた。その様子は動画に収めていないが、以下はHelsinki Prideで撮影した動画。





(abcxyz)

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ