Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2009年9月25日金曜日

Shut Up & Kiss Me

なんとなくJamie Benson(ウェールズ産まれ。ウェールズとしておきましょうか。)のShut Up & Kiss Me (Or Just Shut Up)が聞きたくなり、iTunesで「Shut Up」とだけ検索して聞いていたら、あれれ?次に流れ出した曲も同じ曲だぞ?

ということで偶然気づいたカバー版。Jamie Bensonに関しては前にも書いたから置いておくとして、Princessa(スペイン)の、アルバムI Won't Forget You収録、Shut Up And Kiss Me。


このアルバムが1999年、Jamie BensonのMy Confessionが2002年。ということはPrincessaがオリジナルなのかな。さらっと検索した限りだと何も分かりませんでした。肝心の両方のCDも探せば出てくるけど、CDの山から出すのは至難の技。

ミュージックビデオも探したけども見つからず。

一応感想を書いておくと、Jamie版は、Kiss Me の「Me」のところに癖があって、それが好きな人は好きかもしれないね。発音は「キス メー」に近い感じ。例えるとCreed(アメリカ)、Bulletsの「Look at me」のところみたいな発音かな。


Princessa版は、そこまで癖は無く発音も「キス ミィ」みたいな感じ。


もう一つ発見したこの曲のカバー、そしてビデオも発見。
Michelle Wright(カナダ)版。前述のふたりがかわいい系の声だったのに対し、こっちはもっとクールな感じ。「キス メー」だけど、Jamieが持ってるメーのところの癖はない。

この人の6枚目のアルバム、そのタイトルにもなってしまっているShut Up and Kiss Meは、WikipediaのこのアルバムのページによるとJamie Bensonが最初に収録した曲とのコト。それによるとこの曲は"Shut Up and Kiss Me or Just Shut Up" (Louise Hoffsten, Shelly Peiken, John Shanks)だそうだ。






これだけカバーされてる曲だなんて知らなかったな。でもあんまり売れなかったのかな。「アーティストが歌いたい曲」とかいう感じなのかな。






おまけ

Shut Up & Kiss Me を探す過程で発見したThe Ting Tings(イングランド)のShut Up and Let Me Goのミュージックビデオがなかなかツボにはまった。


0 件のコメント:

コメントを投稿