Alexandra Stan (ルーマニア) 追記あり

Alexandra Stan (ルーマニア)

何故か今朝見た夢のなかでAlexandra Stanの「Get Back (ASAP)」が流れていたのでご紹介。

Alexandra Stanはルーマニアに1989年生まれた、シンガーソングライター。「Lollipop (Param Pam Pam)」で2009年にデビュー、2010年には同曲がルーマニアチャートTop 100で18位まで上り詰めている。





「Lollipop (Param Pam Pam)」このとき19歳か。Fergie(アメリカ)の「Fergalicious」からのサンプリングがなされている。





続いて2011年1月にリリースされ大ヒットとなった「Mr. Saxobeat」をご紹介。





「Mr. Saxobeat」は世界的にヒットとなり、累計100万枚以上売れたという。母国ルーマニアを始め、オーストリア、デンマーク、ドイツ、ハンガリー、イスラエル、イタリア、ポーランド、スロヴァキア、スイス、UKダンス、US Hot Dance Airplayチャートで1位。ベルギー(ワロン)、チェコ、フィンランド、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ロシア、スコットランドで2位、スペイン、スウェーデン、USシングルで3位、ギリシャやニュージランドなどで4位を獲得。

この曲はアメリカのシットコム「Suburgatory」(シーズン1、エピソード6)に使われたりもしている。

また、Stanはサクソフォーン(saxophone)についてこう述べているようだ。

サクソフォーンはとてもホットでセクシーな楽器だと思っているわ。サックスは、私の地域でよく使われている楽器でもあるの。

また、曲中で形容されている「Mr. Saxobeat」は彼女にとってまだ出会ったことのない夢の男性なんだとか。

シングル盤「Mr. Saxobeat」はAmazonから購入可能だ。



なお、Alexandra Stanの日本版公式ツイッターアカウント、@AlexandraStanJPの2月2日のツイートによれば、2月1日に配信されたばかりのこの曲(日本版タイトルは「ミスター・サクソビート~恋の大作戦~」だそうだ)は、早速iTunesダンスチャート1位を獲得しているとか。



次に紹介するのは、2011年3月リリースの「Get Back (ASAP)」。





ビデオは「Mr. Saxobeat」から続いているようで、警察のユニフォームを脱ぐところから始まり、何故かウエスタン風に、かと思いきや…。ちなみにASAPはAs Soon As Possibleの略。

スロヴァキアのチャートで1位、ルーマニアで4位、チェコで5位を獲得しているほか、USビルボードのHot Dance Airplayでは7位、UKダンスチャート、ハンガリー、フィンランドのチャートなどでは8位を獲得しているようだ。

2011年のルーマニア・ミュージック・アワードでは、「Mr. Saxobeat」がベストダンス賞とベストソング賞にノミネート。ベストソング賞を受賞している他、ボーダーブレーカー賞も受賞している。また、2011年のMTVヨーロピアン・ミュージック・アワードではベスト・ルーマニアン・アクトにラッパーのGuess WhoとPuia、シンガーのSmiley、バンドのFly Projectと共にノミネートされ、受賞。



ファーストアルバムの『Saxobeats』には今回ご紹介した3曲ももちろん含まれている。
残念ながら「Lollipop」以外の曲は現在日本のiTunesストアでは発売されていないようだ。(Alexandra Stanではないバージョンのものなら多く見られるが…)

11曲入ってるのか13曲入っているのかよくわからないAmazonのUS盤。ジャケット写真は『Saxobeats』なものの、掲載商品名は「Saxobeat」となっている。レーベルはUltra Records。

Amazon.com(米Amazon)でこの商品のASIN「B005K15SI8」を検索すると、レーベルはちゃんとUltra Recordsだが、12曲入りということになっている。

こちらは表記が『Saxobeats』と正しく、やっぱり何曲入っているのかよくわからないUS盤。ただし、レーベルがこちらはSonyとなっている。Wikipediaによれば彼女の契約レーベルはMaan Music、Media Pro Music、Ultra Recordsのはずだが…。

Amazon.de(ドイツAmazon)でこの商品のASIN「B005FNSK22」を検索すると、レーベルは「Columbia d (Sony Music)」の表記、商品名は正しく『Saxobeats』、そして13曲収録とのことになっている。


追記:「期間限定スペシャル・プライス」らしい日本限定版『サクソビーツ』、そのジャケットでAlexandra Stanが首にかけているのはMonster CableのBeats Proの黒バージョンのようだ。大抵洋楽アーティストがつけているのは同じMonster CableのBeasts Studioの方なので、このチョイスは面白いかも。

*追記2013年9月23日:iTunesでもMonster Cable Beats Proの写った『Saxobeats』と、デラックス版『Saxobeats』が購入可能になっている*

  

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ