『World of Warcraft』好きのエレクトロポップアーティスト Lights(カナダ)

まずは去年リリースの彼女のセカンドアルバム『Siberia』から「Toes」をお聞きいただこう。



カナダはオンタリオにValerie Anne Poxleitnerとして生を受けるものの、2000年代に本名を「Lights」に改名。幼少期はオンタリオの他にもフィリピン、ジャマイカ、バンクーバーなどで過ごしたようだ。

2006年頃に、音楽業界の内幕を描いたTVシリーズ『Instant Star』のために音楽を作りはじめ、その後自らも歌うように。2008年にはカナダやアメリカをツアーし、2008年には「Drive My Soul」がカナダのHot 100チャートで18位に。彼女の初期のミュージックビデオはNHKの子供向け番組みたいな感じだ。先に紹介した「Toes」とのギャップもお楽しみあれ。




続いて(ミュージックビデオも続いてる)同年「February Air」を発表。ミュージックビデオのセットの質が上がってるのは商業的な成功の証か。



日本でもアルバムが発売され、日本版Wikipediaページもしっかり存在するTen Second Epic(カナダ)の「Every Day」でfeatされ、ミュージックビデオにも出演。同曲は2010年のMuchMusic Video Awardsで「Best Independent Music Video」にノミネートされている。



この曲はTen Second Epicのアルバム『Hometown』に収録されている。(左は試聴/購入ができるiTunesストアへのリンク)
 


他にも2008年にはJoshua Jackson主演のカナダ映画『One Week』のサントラに曲を提供したり、こちらも日本版Wikipediaページが存在するカナダのポスト・ハードコアバンドSilversteinのアルバム『Shipwreck in the Sand
』にゲストボーカルで参加していたりも。

同年EP『Lights』をリリース。「Drive My Soul」、「February Air」、そして後述の「Ice」を始め6曲が収録されているが、これまた後述のファーストアルバムにもこのEP収録曲は全曲収録されている。




2009年リリースの彼女自身の3つ目のシングルとなる「Ice」、ミュージックビデオはSFじゃなくて魔法使いモノに。




そして2009年にファースト・アルバム『The Listening』をカナダとアメリカでリリース。アルバムカバーのアートは映画『ウォッチメン』、『28日後』そして『セーラームーン』(!)にインスパイアされたものだそうだ。同年のJuno Awardでは、最優秀新人賞を獲得。翌年のJuno Awardではアルバム『The Listening』が「Pop Album of the Year」にノミネートされた。

 

2010年にはこれも日本版WikipediaページのあるOwl City(アメリカ)と共にカナダ、アメリカ、ヨーロッパをツアー。そういうつながりもあってか、「The Yacht Club」でfeatされたり、「Deer in the Headlights」のミュージックビデオに魅力的なコンビニ店員役で出演。

こちらは「The Yacht Club」ライブ版ビデオ。ちゃんと後半ではLightsが出てきて歌って踊ってる。


『バック・トゥー・ザ・フューチャー』な「Deer in the Headlights」ビデオ。


両曲ともOwl Cityのアルバム『All Things Bright & Beautiful』に収録。



2010年にはアメリカの音楽系サイトShred Newsで「10 Artists to Watch in 2010」(2010年注目のアーティスト10人)に選ばれている。同年EP『Acoustic』をリリース。

日本語Wikipediaページのあるイングランドのデスコアバンド、Bring Me The Horizonのアルバム『There Is a Hell, Believe Me I've Seen It. There Is a Heaven, Let's Keep It a Secret』でゲストボーカルをしたりも。
 


2011年10月にはセカンドアルバムとなる『Siberia』をリリース。2012年のJuno Awardでは「Best Pop Album of the Year」にノミネートされている。

Siberia - Lights 

同アルバム収録の「Banner」ミュージックビデオは、世紀末系のSFっぽい感じに。水資源国カナダの乾ききった姿にオタク系シンガーLightsの趣味が伺える…?



Lightsは、日本語Wikipediaページの存在するアメリカのメタルコアバンド、Blessthefallのリードボーカル、Beau Bokanと2012年5月12日にめでたく結婚されたそうな。そんなLightsだが、結婚間もない5月25日には『World of Warcraft』、『Starcraft』、『Diablo III』などで有名なアメリカのゲーム会社、Blizzard本社を訪れているようで、ツイッターに『World of Warcraft』キャラの巨大な彫刻と一緒撮影した写真がアップされている。やっぱり結構なオタク系のようだ。

なお、Lightsのツイートによれば、9月3日にリリースされるTalk Talk(イングランド)のトリビュートアルバムに参加しているとのこと。Talk Talkは好きだったので楽しみだ。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ