Nightwish(フィンランド)の映画『Imaginaerum』明日公開、『アラン・ウェイク』も出演

フィンランドのシンフォニック・メタル・バンド、Nightwishの7枚目のスタジオ・アルバムで、2011年にリリースされた『Imaginaerum』と同名の映画が、フィンランドで明日11月23日より公開となる。

映画はフィンランドとカナダの合作で、ストーリーはNightwishでキーボードと作曲を担当するTuomas Holopainenと、本作監督のStobe Harjuによるもの。筋書きとしては、認知症を持つ年老いた作曲家が、唯一覚えている子供の頃のことを思い出し、その世界を冒険する、みたいな感じか。もちろんNightwishのメンバーたちも出演している。予告編を見てみよう。





なお、フィンランド生まれのゲーム『アラン・ウェイク』(Alan Wake)の主役としてお馴染み、『空耳フィンランド語』ブログでは、フィンランドの携帯会社のCMの記事でもご紹介したIlkka Villiが出演している。このトレーラー内1:30あたりに出てくるのが彼だ。また「テレビでメイキングを見た」というフィンランドの友達によると、「ゴーグルをつけた白いモンスター」を演じるのも彼なんだそうだ。なんでも被り物をつけての演技だったようで、「周りがよく見えないし聞こえない中での演技は大変だった」と語っていたとか。

追記:こちらがそのメイキングドキュメンタリー「Road To Imaginaerum」。主にフィンランド語で話されるが、英語の部分もあるので頑張れ。Ilkka Villiは5:35秒辺りから登場。7:05ではスタントマンだろうか、別の人が中に入っているが、22分あたりから彼が白いヤツ中に入ってる姿を見ることができる。





「セリフは両親と読んだりして覚えるのかい?」なんて子供だと甘く見て質問するインタビューアーに「数回台本読んで寝て起きたらセリフ覚えられるんだ。これはギフト(天から授かった才能みたいな意味)だよね」と返すQuinn Lord。すごいな。彼は『Dr.パルナサスの鏡』(原題はこの作品に少しにている『The Imaginarium of Doctor Parnassus』)とか『ブライアン・シンガーのトリック・オア・トリート』


こちらは短めのティザー。





この映画のインスピレーション元となったアルバム『Imaginaerum』はこちら:
 





それとは別に、映画のスコア盤もでている。曲はNightwishのアルバムを元に、Petri Alankoが編曲。





そういえば、フィンランドのハードロックバンドのLordiもMr Lordiのアイデアからホラー映画『ダーク・フロアーズ』(2008年)を作っていたな。こちらは普通にホラー映画のよう。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ