Lasgo(ベルギー)ニューボーカル+ニューシングル

むむむ、私の大好きな(だった)Lasgo(ベルギー)の新しいボーカルがJelle van Daelに決まったようだ。

オランダ語?のインタビューはこちら。全く判りません。


そして皆が待ち望んでいたニューシングル。
Lasgo - Out Of My Mind


残念ながら私の好きだったLasgo的な感じの曲とは違う感じかな。2枚目のアルバムではこういう系統の曲もあったけど。All Night Longとか。
新しいボーカリストの声も、これまでのEvi GoffinのKim Wilde(イングランド)風の声とも違う感じで、曲の雰囲気ともあいまってLasgoらしさが無くなってしまった感じかなぁ。次作に期待。




じゃあ、昔を懐かしんで彼らの名曲を。
まずはファーストアルバムSomethingsから。

Lasgo - Something


Lasgo - Alone


Lasgo - Pray


以上ファーストアルバムSomethingsからでした。




以下はセカンドアルバムFar Awayから。

Lasgo - Lying (アルバムバージョンよりこっちの方が好き)


Lasgo - Surrender


Lasgo - All night Long


Lasgo ft Dave Beyer - Who's That Girl?(ボーカルはDave Beyer。このようにEvi Goffin以外が歌っている曲も何曲かある。)


以上セカンドアルバムFar Awayからでした。









おまけ

なんと、Lasgo、Milk Inc.、Sylverというベルギーのダンス音楽界の3大グループ(?)がFaithless(イングランド)のInsomniaを歌うというすごい映像。
オランダの音楽チャンネルTMFが主催のTMF Awards 2003でのライブ。彼らを紹介するのはもちろんFaithless。豪華だ。
誰がどのグループの人かわかるかな?

Lasgo, Milk Inc, Sylver - Faithless: Insomnia (Live)

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ