VV Brown (イングランド)

VV Brown(イングランド)

このアーティスト今日はじめて知ったのですが、どうして知ったかというと[ミニーの独り言 (´○`)はぁ~]さん経由。ミニーさんのところでPalm Pre関連の記事を見ていたのですが、コメント欄でtetzさんがPalm PreイベントのYouTubeビデオを紹介されていて、興味があったので見てみると…




0:12秒当たりから
VV Brown:Preはアメージングだわ。BlackBerryから進化したような感じのものだと思うけど。前にも見せてもらったけど、iPhoneやBlackBerryでは見たことが無い、興味深い新たな要素があったし。クールよね。家に帰って弄るのが待ち遠しいわ。私ってガジェットフリークなの。ガジェット大好き、よだれたらして壊しちゃうかも。

*注。BlackBerryはカナダResearch In Motion社。Palm PreはアメリカPalm, Inc.。Preの前はTreoシリーズ。


わおー。ガジェットフリーク宣言にブレードランナーファッション、Geekの心を鷲掴み!!


で、このVV Brownさん、はどんな人かというと、(以下Wikipedia)ジャマイカ人の母親とプエルトリコ人の父親の6人の子供達の一番年上。両親の働くOverstone Park Schoolで学びつつ、週末にはクラシックとジャズピアノの練習やヴォーカル練習などをしていたそうだ。成績は最高に良くて、Upper School(13-16歳の子がいく学校)には一年飛び級で入学。UKでTop5の大学、オックスフォード、キングス・カレッジ・ロンドン、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、ヨーク大学などからもオファーを受けたそうな。でもそれらを蹴って音楽キャリアに進んだ。

すごい頭良い人なんだ。

2009年7月にファーストアルバム「Travelling Like the Light」をリリース

このアルバムはUKチャートで30位を記録。

シングルはCrying Blood(途中からAha!ばりに手書きアニメに)、 Leave!Shark in the Water(UK34位、アイルランド37位)、Game Overを出している。
(シングル曲名クリックでYouTubeビデオ)


VV Brownさんの説明はこれくらいにしてビデオの続きを一応。

途中でAlphabeat(デンマーク)の曲も披露されています。この曲はもしかしたらまだ未発表の曲かも、詳細不明です。なんか男性ボーカルのルックスがRick Astley(イングランド)を思い起こさせて和む。

この新曲The Spellも良い感じ。


The Spellは収録されていないけれどもアルバム



2:20秒当たり
今日(10月12日)ニューシングルが出るの。関係が終わっちゃうっていう歌なんだけど、悲しいけれども、自信がわくような歌よ。


2:44
歌ったりもしたし、アメージングな時間が過ごせたわ。
その後 Shark In the Water のライブが少し写る。

でした。ちなみにAlphabeatのMySpaceページを見たらLittle Bootsがトップフレンドにいたぞ。今度このブログでも紹介しようかな。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Rebecca Black(アメリカ) 史上最低の曲「Friday」を歌う13歳

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ