Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2011年5月31日火曜日

デンマークのエレクトロポップグループAntillesの新EP『Antilles E.P.』

デンマークのエレクトロポップグループAntillesの新EP『Antilles E.P.』


まずはAntilles自体の経歴を公式サイトのバイオグラフィーページからご紹介。

1999年にDaniel WitkowskiさんのソロプロジェクトとしてスタートしたAntilles。初期はシンセサイザーを使ったインストゥルメンタル楽曲中心のグループだった。2000年にはAlphaville(ドイツ)のファンコントリビュートCD『We heard the Call』に「Jerusalem」のカバー版を提供している。

後にインストゥルメンタルに飽きてきたDanielさんはヴォーカルを探すことに。オーストラリア、メルボルンにあるビクトリア芸術大学で音楽と即興ヴォーカルを学んだフォークシンガーであるAnne Christineが目に留まる。彼女にエレクトロポップヴォーカリストとしての才能を見たDanielさんはAnneさんをAntillesのヴォーカリストとして迎え入れる。

2005年にAntillesとして初めてAnneさんがヴォーカルを担当したのは、もともとインストゥルメンタル曲だった「A Different Place」。以後公式にAnneさんをヴォーカルとして活動が始まる。

2006年には「You & Me」(今回紹介する『Antilles E.P.』にはエクステンデッドバージョンが収録されている)と「Something New」を収録。徐々にレコード会社やDJの注目を集めていく。

2007年にはフランスのシンセポップコンピレーションアルバムに「You & Me」が収録された他、何枚かのコンピに曲が収録されている。

2008年にはデビューアルバム『Something New』をドイツのエレクトロニック系レーベルMajorDigitalからリリース。日本でもこちらのiTunesストアから視聴/購入可能だ:

2010年にはAnneさんはロンドンに移りソロとして活動を開始。彼女に代わるヴォーカルを公募。何十人もの応募者の中から選ばれたのはジャズやソウル系のシンガー、Jasmin Gabayさん。

2011年3月からは新アルバムに向けレコーディングを開始しているそうだ。

彼らの曲はマイスペースページでいくらかフルレングスで視聴できる。


----------


さてさて、今回紹介するのは彼らが2011年5月にリリースしたばかりのヴィニールEP、『Antilles E.P.』。収録曲は以下の通り。

A面
Longing for the Spring (6'22")
Friendly Fire (6'16")

B面
You and Me (5'28")
Scene of Crime (3'50")

最初の3曲はどれも『Something New』収録曲のエクステンデッドバージョンとなっている。

『Antilles E.P.』の視聴/購入はiTunesストアのこちらから可能となっている。




本EPで4曲注3曲の以外の楽曲のボーカルを務めているのは元ヴォーカルのAnneさん。これまでリリースされていた楽曲のエクステンデッドバージョンなので当然といえば当然か。現在のAnneさんの活躍が気になる方は彼女のMySpaceページへどうぞ。

「Scene of the Crime」のヴォーカルは、どうやらこの曲のみでヴォーカル担当のSofie Emilie Puggaardさん。

新アルバムに向けレコーディングしているという新ヴォーカリスト、Jasmin Gabayさんの声は、Davidさんによれば、AnneさんとSofieさんの中間のような声質だそうだ。是非今のところこのEPにしか収録されていないSofieさんの歌声も聴いて見て欲しい。

カバーは日本人アーティストoek氏。


----------

ファーストアルバム『Something New』もまたiTunesストアから視聴/購入可能となっているのでどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿