Melba Moore(アメリカ) V.S. Dannii Minogue(オーストラリア) 「This Is It」

Melba Moore(アメリカ) V.S. Dannii Minogue(オーストラリア) 「This Is It」

知り合いが急に「This is it ♪」と歌い出したので「Dannii Minogueの曲だよね」と言ったところ「違う」と言われたので調べてみた。

~~~~~~~~~~

オリジナルはMelba Moore(アメリカ)。1967年にミュージカル『ヘアー』のオリジナルキャストとしてキャリアをスタートさせている。そんな彼女の5枚目のアルバム『This Is It』からのシングルにして最初の大ヒット曲がこの1976年の「This Is It」だ。USダンスチャートでは2位、UKチャートでは9位を記録している他、スウェーデンチャートでは19位となったようだ。



iTunesでは『Live in NYC』版しか見つけることができなかったが、こちらのリンクから視聴/購入可できる。
This Is It - Live In NYC

Amazonからは超高値がついた『This Is It』



もしくは同じく高値になっているベスト盤『This Is It: Best of』




を購入するという手もあるが、こちらのAmazonのMP3販売サービスからは曲のみをお手頃価格で購入することも可能だ。





1971年のグラミー賞では「ベスト・ニュー・アーティスト」にノミネートされ、75年のセカンドアルバム『Peach Melba』でもグラミー賞にノミネート、76年の「This Is It」に続くシングル「Lean on Me」では「女性ベスト・R&B・ヴォーカル・パフォーマンス」、86年の「Read My Lips」では「女性ベスト・ロック・ヴォーカル」にノミネートされている。1982年の「Love's Comin' At Ya」も同じくUSダンスチャートで2位、米R&Bチャートでは5位。1986年にFreddie Jackson(アメリカ)とデュエットした「A Little Bit Moore」A Little Bit More - A Little Bit Moore: The Magic Of (EMI Presents the Magic of Alma Cogan)は米R&Bで1位、同年の「Falling」Fallin' - A Little Bit Moore: The Magic Of (EMI Presents the Magic of Alma Cogan)も同チャート1位を記録している。


~~~~~~~~~~


さて、Kylie Minogueの妹、Dannii Minogue(オーストラリア)版は、1993年の彼女のセカンドアルバム『Get into You』に収録。PVはロサンゼルスで撮影され、Danniiの当時のご主人で俳優のJulian McMahon(テレビドラマ『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』や、映画『ファンタスティック・フォー』の人)と戯れている姿が確認できる。振り付けはDannii自身によるものだそうだ。チャートではUKシングルで10位、オーストラリアシングルで13位、アイルランドシングルで17位を記録。



iTunesではこちらから『Get into You [Delux Edition]』が視聴/購入可能だ。Get Into You [Deluxe Edition] - Dannii Minogue

AmazonからはiTunes版より少し安い『Get into You: Delux Edition』が買える。



もちろんAmazon MP3ストアで曲だけ購入することも可能だ。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ