Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2011年7月16日土曜日

Nero(イングランド)ファーストアルバム『Welcome Reality』からのシングル集

つい先程Neroの「Promises」をご紹介したばかりだが、肝心のNero自体の紹介をしていなかったのでこちらでご紹介。

Neroはロンドン出身、Daniel StephensとJoe Rayからなるダブステップ/エレクロニックデュオ。彼らの楽曲で主にヴォーカルとして歌っているのはAlana Watson。BBCからは「サウンド・オブ・2011」にノミネートされている。Neroは2008年に「This Way」をリリース。2010年にはデジタルミュージックストアBeatportの「ベスト・ダブステップ・アクト」と、2009年リリースの「Act Like You Know」が「ベスト・ダブステップ・トラック」受賞している。「Act Like You Know」はiTunesから視聴/購入可能となっている>


『Welcome Reality』からのファーストシングルは、2010年4月にリリースされた「Innocence」。




「Innocence」シングルは「Electron」と共にダブルA面としてデジタルとヴィニールでリリースされている。「Innocence」は、UKシングルチャートでは168位だったものの、ダンスチャートでは16位、インデペンデントチャートでは11位だった。ミュージックビデオはほとんど日本のOVA『電脳都市OEDO808』からの映像で構成されている。俗にいうAVM(アニメ・ミュージック・ビデオ)みたいな物をそのままミュージックビデオにしたわけだ。
「Innocence」シングルはiTunesで以前購入できたはずだが、今ではできなくなっているようだ。この記事最後に「Innocence」収録のアルバムへの試聴購入リンクをおいているのでそちらをご確認あれ。



2011年1月リリースの公式セカンドシングル「Me & You」。





ミュージックビデオでは『ベア・ナックルIII』と『アウトラン2019』を合わせたようなアーケードゲームをプレイする若者が描かれている。「Me & You」はBBC Radio 1の「Aリスト」入を果たしている。「Me & You」もデジタルと12インチヴィニールでのリリース。リリースと同時にシングルチャートで15位を記録、11位まで上り詰めている。UKダンスチャートでは3位、ベルギー(フランダース)チャートでは6位を記録している他、インディーチャートでは1位の座を獲得している。
「Me & You EP」はiTunesから視聴/購入可能できたはずだが、今ではできなくなっているようだ。この記事最後に「Innocence」収録のアルバムへの試聴購入リンクをおいているのでそちらをご確認あれ。

ちなみにこの「Me & You」は、David Guetta(フランス)LMFAO(アメリカ)のミュージックビデオに出てきたり、私のガジェット系ブログでちょっとだけ言及したりもしている「Beats By Dr. Dre」のStudioシリーズの限定カラバリモデルのCMにも使われている。






続いてサードシングル「Guilt」





この曲は2011年4月にリリースされると同時にUKシングルで8位を記録している他、インディーチャートで2位、ダンスチャートで4位を記録している。遡って2月には、新人ミュージシャンの発掘にも力をいれているらしい、「Zipper」としても知られるDJ/ラジオ/テレビプレゼンターのZane Loweにより「ホッテスト・レコード・イン・ザ・ワールド」に選ばれている。
「Guilt EP」もiTunesから視聴/購入が可能となっている>


4つ目のシングルは先に紹介した「Promises」。UKでは8月5日からデジタル版シングルがリリースされることになっており、現在はまだ発売されていない。シングルはiTunesでは売っていないようだが、この曲は次に記すアルバムに収録されている。


デビューアルバム『Welcome Reality』は2011年8月15日からリリースとなっており、14曲収録されている通常版と、20曲+「Symphony 2008」のビデオが付いたデラックス版が予約可能になっている。 iTunesからの予約販売でデラックス版を購入することができたが、どうやら今では手に入れることができないようだ(私は幸運にも予約していた)。

こちらは『Welcome Reality』通常米国版。



こちらは通常版に新たに数曲収録された『Welcome Reality+』




0 件のコメント:

コメントを投稿