LMFAO(アメリカ) 『Sorry for Party Rocking』

モータウン創設者Berry Gordyの息子であるRedFoo(Stefan Kendal Gordy、アフロの方、75年生まれ)と、孫であるSkyBlu(Skyler Austen Gordy、86年生まれ)により2006年に結成されたグループ。グループ名LMFAOは「Laughing My Fucking Ass Off」の略。

まずはアルバム『Sorry for Party Rocking』からのファーストシングル「Party Rock Anthem」feat Lauren Bennett and GoonRockをどうぞ。





3月にパーティーでノリ過ぎたRedfooとSky Blueのふたりは昏睡状態に。その次の日、彼らのシングル「Party Rock Anthem」が世に送り出された。28日後…

もちろん「28日後…」は映画『28 Days Later』へのオマージュだ。映画『American Gangster』などに出演している俳優Malcolm Goodwinが、ゲーム『Left 4 Dead』のLouisのパロディーキャラを演じている。

オーストラリア、オーストリア、ベルギーFlanders、カナダ、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、ニュージーランド、スコットランド、スロヴァキア、韓国、スイス、UK Dance、UK Singles、USビルボードHot 100、US Pop Songsで1位を獲得。ベルギーWallonia、US Hot Dance Club Songsで2位、ブラジル、ノルウェー、スウェーデンで3位など、もの凄いヒットとなった。ニュージーランドでは11週、オーストラリアでは10週連続の1位だったとか。イギリスだけで100万コピー売れており、世界での累計ダウンロード販売数は2012年1月時点で970万以上だという。


Featされている女性シンガーはCee Lo Green(アメリカ)の「Love Gun」でもfeatされているLauren Bennett(イングランド)。また、この曲の共同プロデューサー/共同ライターであるGoonRockも曲中で歌っている。GoonRockは中学校でRedfooとwill.i.amと同級生だったそうな。

劇中に登場するイヤホンはもちろんBeats by Dr. Dre。




お次はセカンドシングル「Champagne Showers」feat. Natalia Kills(イングランド)。

あれから1週間後でシャッフルダンス・ゾンビと化したRedfooとSky Blueたちが、究極のシャッフルパーティーを探し求める…黄昏時から日の出まで

「黄昏時から日の出まで」(from dusk til dawn)はもちろん、Robert Rodriguezによる有名吸血鬼モノ映画『From Dusk Till Dawn』とかけたものだ。





「Party Rock Anthem」からのキャラクター、ロボット頭のThe Shuffle Bot、登場した亀の甲羅を背負ったヤツとかジーザスもどきも登場。ジーザスもどきが着用しているのはもちろんBeats by Dr. Dreだ。




オーストラリア Dance Chartで2位、US Hot Dance Club Songsで4位、ニュージーランドで8位となったほか、オーストラリア ARIA、UK Danceで9位となっている。



次はサードシングル、(主に)RedFooのセクシーさだいばくはつの「Sexy and I Know It」をどうぞ。





オーストラリア、オーストラリアDance、カナダ、ニュージーランド、USビルボードHot 100、US Hot Dance Club Songsで1位。スウェーデン、UKダンス、US Pop Songsで2位、フィンランド、フランス、ハンガリー、ノルウェーのチャートで3位を記録の大ヒットとなった。

Kotaku Japanの記事にも何度か登場している超有名ポルノスターRon Jeremyや、オランダの総合格闘家「ダッチ・サイクロン」ことAlistair Overeem、『That '70s Show』のWilmer Valderramaなどもカメオ出演している。

アメリカのヒップホップダンスクルー、Quest Crew所属ダンサーHokuto "Hok" Konishi(テレビ番組『So You Think You Can Dance』ではサードシーズンファイナリスト)もQuest Crewとともに出演している。彼は東京生まれ、イングランド育ちで、現在はアメリカでグラフィックデザインを学んでいるとか。「Party Rock Anthem」のミュージックビデオでは振り付けを担当したそうだ(ビデオにももちろん出演している)。日本語と英語で書かれた彼のブログはこちらだ。ちなみにQuest Crewは『America's Best Dance Crew』シーズン3でトップになったクルーでもある。


上の紹介曲3曲が収録されたアルバム『Sorry for Party Rocking』はiTunesまたはAmazonから購入可能だ。
  



また、LMFAOは、David Guetta(フランス)とChris Willis(アメリカ)、Fergie(アメリカ)と「Gettin' Over You」で共演している。David Guettaのアルバム『One Love』収録。以前他の収録曲をこのブログで紹介したこともあったかな。





Guetta、ソニー・エリクソンからサムスンに乗り換えたのか…。ビデオの監督はThe Black Eyed Peasやwill.i.amのミュージックビデオを監督したりしているRich Lee。

この曲は、フランス、スコットランド、スロヴァキア、UKダンス、USシングル、US Hot Dance Clubチャートで1位。ヨーロピアンHot 100で2位、イタリアとニュージーランドで3位、オーストリア、アイルランド、ポーランドで4位、オーストラリアで5位を記録している。


iTunes視聴/購入リンクはこちら:



コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ