Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2009年8月1日土曜日

David Guetta(フランス)

David Guetta(フランス)
13歳でリミックスをはじめ、15歳で自宅地下でのパーティーをオーガナイズ。2年後、パリのクラブBroadでDJとして働き始める。88年から90年まではRadio Nobaでハウスミュージックのリミックス。

2005年のシングル The World Is Mineがヨーロッパのダンスチャートでヒット。
Simple Minds(スコットランド)のSomeone Somewhere In Summertimeがサンプリングされてる。
彼のシングル曲のほとんどはシンガーChris Willisによって歌われている。
Baby When The LightはCozi Costi、When Love Takes OverはKelly Rowlandが歌っている。

2008年、イギリスのDJ Magで、ワールドDJ No.5、ベストハウスDJに選ばれる。

アルバムは4作。
2002年 Just a Little More Love
2004年 Guetta Blaster
2007年 Pop Life
2009年 One Love
このうちPop Lifeはフランスで2位、ベルギーで4位、スイスで8位となり、プラチナム。


Guetta Blaster収録のThe World Is Mine。USダンスチャートで1位。
David.Guetta.feat.JD.Davis-The.World.Is.Mine









Pop Life収録、USダンスチャート1位、ロシアで2位、フランスで3位。
David Guetta - Love Is Gone




同じくPop Life収録、ロシアで2位、USダンスで4位、ベルギーで5位、フランスで6位。
さっきのビデオの続きとなるビデオ、Baby When The Light。なんかこの女の人女優のAmanda PeetにBillieことBillie Piper*の口をつけた感じ。
David Guetta feat. Cozi - Baby When The Light




同じくPop Life収録、ベルギーで2位。
これも同じ女の人みたいだね。ベルギーでシングル2位を記録。Pop Life収録。
David Guetta - Delirious



これもPop Lifeから、デヴィッド・グエッタだいすきー!なビデオはこちら。あろうことかドラえもんも登場するよ!
David Guetta & Chris Willis - Everytime We Touch*









One Love収録、Kelly Rowland(アメリカ)が歌ってる。USダンス、UK、フランス、スイス、アイルランドで1位、ロシア、ベルギーで2位、ドイツ、スウェーデンで3位、イタリアで4位、オーストラリアで5位っていう超絶ヒット。っていうか、楽曲よりも歌唱者のちからだろ、これ。
David Guetta ft. Kelly Rowland - When Love takes over (HQ) (Offizielles Video)





iTunesからの購入はこちらOne




*Billie Piper(イングランド)
女優/歌手。
Because We Want Toで一躍有名に。
その後BBCポッドキャストで日本でもダウンロードして聴くことの出来るChris Evans ShowのDJでもあるChris Evansと6ヶ月のデートの後、16歳の年の差結婚。その後Dr. Whoに出演してやっぱり人気が出たのかな、でもそのせいでChris Evansとは離れ離れに。Chris Evans Show内でPiperの話題が出たときも「ああ、法律上ではまだ僕のおヨメさんだよね」と、ショボーンとしてたような。結局2007年に離婚。Evanceによるとやっぱり年の差もひとつの要因だったようだ。
98年のHoney to the BからのシングルではUKだけでBecause We Want To1位、Girlfriend1位、She Wants You3位、となかなかの好成績。



iTunesで「Honey to the B」を買いたい方はこちらHoney



**(なんかこの曲、ハムナプトラ2(The Mummy Returns)サントラ**収録のLive(アメリカ) - Forever May Not Be Long Enoughを思い起こすな。)

ここで買えるよ。The

0 件のコメント:

コメントを投稿