ベルギーのJessyって、実はすごい人だった。

Jessy(ベルギー)

ベルギーのJessyって、実はすごい人だった。

えーっと。実は次回投稿用に文章を書いていたんだけれども、その文中でJessyって言うベルギーのアーティストを紹介したくなったけれどもAmazon.comでも特にレビューがあるわけではなく、もしかすると知名度かなり低いかも、と思い立ち、まず先に紹介しようと思い立った次第でございます。
Milk Inc.Ian Van DahlLasgo(みんなベルギー)あたりが好きな方は好きかも。





Jessy De Smetさんは1976年6月8日にベルギーは(フランダースの犬の)フランダースのZottegem地方に生まれました。
両親ともにバンドで活動するミュージシャンで、彼女には18ヶ月年上のお兄さんがいます。

音楽一家で育ったこともあり、8歳の時にはすでに歌い始めていました。彼女の両親はベルギーで名の知れたアーティストWilly Sommersと毎週活動しており、このWillyさんがJessyに一緒にシングルを録音しようと話を持ちかけ、Twee Vrienden(英語だとTwo friends)という曲ができました。ベルギーのチャートでもいい線行ってたようです。

約1年半後、同じ町に住んでいたベルギーのトップエンターテイナー、Marjin De ValckがVang het licht(Catch the light)という曲の話を彼女に持ちかけます。この曲の収益はすべてBelgian Federation of Autism(ベルギー自閉症基金)に寄付されました。一方で、Jessyの両親は彼ら自身のバンド、その名もJennifer Bandを結成しJessyは12歳からこのバンドで歌うこととなります。

1996年、Jessyは彼女の初のダンスシングルI am freeをプロデュースすることとなるThe Mackenzieと出会います。(訳が不安だな。In 1996 Jessy meets The Mackenzie, with whom she produces her first dance-single I am free, )この曲はビッグなクラブヒットになりました。1998年、彼らはLoveとYou got get upという曲で又もチャートに上りますが、この2曲はこれまでの曲とは歌詞の量が違ったようです。(なんじゃそりゃ。In 1998 they attack the charts again with Love and You got to get up which are slightly different because of the amount of lyrics in the songs.)

1998年6月、Innocenceがリリースされました。JessyとMackenzieにとって過去最高のヒットとなったこの局はベルギー国内で2万5000枚以上売れ、ゴールドディスクを得ました。1998年で最もチャートに長く残っていた曲にもなり、Mackenzie featuring Jessyはウルトラトップ ダンスチャートアワード1998を受賞しました。同年9月にはFalling in loveをリリース。またもゴールドディスクを得ます。

2ヵ月後にはAlive、そして1999年4月にはOut of controlをリリース。同じ月にアルバムAngelをリリースし、3週間後にはアルバムがナンバー1となりました。これはベルギーのダンスアルバム史上初のことだったそうです。AngelはTMFアワードのベストアルバムオブ1999も受賞、Jessyはベスト女性シンガーにもノミネートされました。(TMFはオランダとベルギー両方でやってるのかな?)

1999年8月にはアルバムRainがリリース。彼らの成功はひじょうに大きく、Jessyは国営放送に出たり、テレビのインタビューなどで引っ張りだこでした。このころはグループとして週4つものショーを抱えていました。この忙しい夏の後、12月にはEmotions、翌2000年4月にはBe my loverをリリース。

2000年9月にはシングルFor youをリリース。12月にMackenzieはAll I needをリリース、InnocenceやFalling in loveと並ぶヒットとなります。そしてMackenzieとの最後のシングルとなるWalk awayが2001年4月にリリースされました。

忙しい期間の後、Jessyは、シンガーとして歌うことへの喜びを再度見出すためにこのキャリアから一歩引く決意をします。この間彼女はMade in Belgiumというカバーバンドでのゲストパフォーマンスをし、彼女も楽しんでいたようです。他のヨーロッパの国々からいくらかの提案があった後、彼女はベルギーでもっとも有名なプロデューサ、Regi PenxtenとFilip Vandueren(Milk Inc.やSylver、Flesh&Bonsesなどをやってる人達)と新たなプロジェクトを始める決意をします。

3人は新たなシングルに向け活動をはじめ、Jessyは再度自分自身で歌詞を書きました。ファーストシングルLook@meは2002年6月にヴィニール(レコードね)でリリース、CDは2002年8月にリリースされました。この曲はAGM、RegiとFilipが彼らのプロダクションを主にやっているレコード会社、からリリースされました。新たなヴィジュアル、いけてるミュージックビデオで、Jessyは新たなキャリアを始めたのでした。

ライブでは(くちぱくせずに)歌を歌っているそうです。ベルギー最高のダンサーたちを使い、振り付けはIsabelle Bequestという人が担当。

Look@meはベルギーウルトラトップチャートに20週、つまり5ヶ月も残り、最高8位になりました。この成功のせいで次のシングルEnchantedのリリースはまず数ヶ月延期され、Look@meのUKプロモーションもはじまってしまったために結局はリリースされずじまいとなりました。
UK、オランダ、スペインなどヨーロッパでのパフォーマンスを終え、フランスマーケット向けにLook@meのフランス語版、Regardez-Moiをリリースしました。

Enchantedは次のアルバムに入れられることとなりました。




以上Last.fmより。
以下、その後がのってたのでWikipediaから。




MackenzieはJessyがグループを離れた後チャートのトップに戻ることはありませんでした。

彼女のソロアルバムRainはベルギーでも好成績をおさめ、カナダとアメリカでもリリースされます。アルバムからはHow Long、Silent Tears、Head over heelsなどのヒットが生まれました。How Longはアメリカでもリリースされました。2004年終わり、Jessyは初のバラードシングル、Dancing In The Darkをベルギーでリリース。彼女のダンス曲にはかないませんでしたが小さなヒットとはなったようです。

2006年、ソロとしてのセカンドアルバムを作り始めます。時を同じくして、海賊版の(a bootleg of her ballad)Dancing In The DarkがUKで大きくヒット。多くのDJがこれを求めていたため、JessyとMicky Modelleは公式リミックス版を作成。2006年夏のチャートを飾ることとなりました。Mickey Modelleとともに彼女はUKでトップ10、Irelandではトップ5入りを果たしました。
その次にはOver You、そしてJessyのI'll Get Over You(あ、ちょうど今聞いてるやつだ。ごめんなさい、前半はIan Van Dahl聞きながら書いてました。)のリミックスがUKでトップ40入り。

The MackenzieはInnocence Reworks 2006をリリース。言わずもがな、Innocenceのリミックスです。この曲の大ヒット10周年を記念してのリミックスだそうです。

2006年末、JessyとMickyはUKマーケットをメインターゲットにしたフルアルバムの製作にかかります。Jessyは同時にベルギーのファンのためのアルバムも作成していました。

Jessy&Micky ModelleはShow Me HeavenをUKでリリース。そう、Maria McKee(アメリカ)のヒット曲のカバーです。Maria版は1990年にイングランドチャートで1位になったと同時に映画、Days of Thunderのサウンドトラックにもなりました。

最近JessyはベルギーよりもUKにいることの方が多いようです。ライブではDancing In The Dark、Over You、Show Me Heaven、そして謎のトラック(an unknown track called)Lovelinesを歌っているようです。

2007年末、ベルギーはアントワープのSportpaleisでのMilk Inc Supersized 2というショーで数曲パフォームしました。InnocenceとLiving a lieです。このパフォーマンスでJessyはベルギーのスポットライトに戻ってきました。彼女はベストフレンドでもあるMilk Inc.のLindaとデュエットに取り掛かります。2007年12月、Getting Outがベルギーでリリースされます。イングランドでのJessyのレコード会社、AATW(All Around The World)は2008年後半にこの曲をリリースする契約を結びました。

JessyはAngel,Rainに続くサードアルバムを2008年10月にベルギーでリリースすると言っています。ニューシングルはStop the Game。この曲は6月にリリースされ、ミュージックビデオは4月にベルギーのKnokkeで撮影されました。


以上。
さて、じゃあ曲とともに振り返ってみましょう。子供時代の曲は残念ながら見つけられず。

The Mackenzie feat Jessyの1996年の曲、I Am Freeから。



The Mackenzie ft. Jessy - Love


The Mackenzie feat. Jessy - You Got To Get Up

あ、なんかKate Ryan系の顔だね。


The Mackenzie feat. Jessy - Innocence

このチームでの絶頂期です。


The Mackenzie feat. Jessy - Alive(Live)

ライブです。どうでしょう。くちぱくじゃないんでしょうか。


DJ Mickey Modelle vs Jessy - Over You
埋め込み無効でした。なんか映画Coyote Uglyみたいな、フレアバーテンダーって言うのかな、あれ。


MacKenzie feat. Jessy - All I Need



Mackenzieとの最後の曲、Walk Awayは見当たらず。ここからがRegi PenxtenとFilip Vanduerenプロデュース曲か。

jessy - look at me now

たしかにMilk Inc.とかっぽくなったね。Mackenzieとの曲はヴォーカルはあまり前に出てなくてどちらかというとIan Van Dahlに近かったね。

フランス語版です。
Jessy - regardez moi

「大和魂」Tシャツを見逃すな!

Jessy - enchanted



Jessy - Dancing in the Dark

まてまて、どう聞いてもUp Where We Belongでしょう、これ。

Joe Cocker&Jennifer Warnes - Up Where We Belong

愛と青春の旅だちより。

で、Mickey Modelleリミックス版。
Jessy & Mickey Modelle - Dancing In The Dark (Extended Mix)



Jessy - I'll get over you



Jessy ft. Micky Modelle- Show Me Heaven
あれれ、これまでのビデオとはちょっと路線が違ってこっちのリミックス人の作品とかこっちのAlex Gaudino(イタリア)とかそっち系か?

こちらがオリジナル
Maria McKee - show me heaven


Milk Inc.のLindaとのデュエット曲。
Jesse feat Linda - Getting Out

ぴっぴ、ちゅっちゅ。

Jessy feat Linda-Getting Outのメイキング。


Jessy - Stop The Game

出だし、TMFマークいいところにきすぎ。そこはかとなく漂うちゃちさが、たまんない。


Michael Beltran ft. Jessy - I Can't Get Enough

このMichael BeltranさんはMilk Inc.のリミックスとかもやってるDJらしい。
この人自身もソロで曲作ってて、Jim Getawayというテレビか何かの主題歌、Getawayを2008年リリース。この曲はブラジルでもリリースされるらしい。


Jessy -Look at Me Now (live)

あ、歌ってるね。




公式チャンネルにはもっとのってるよ。






さて、私も持ってるUS版。ベルギーものにしては価格もお手軽で、最近のヒット曲は大体入ってる感じ。










おまけ
Show Me Heaven、けっこうダンス系のカバーがあるみたいでマイiTunesにもSaint版とTina Arena(オーストラリア)版が入ってた。



SaintヴォーカルはSuzanna Dee(たぶんUK)だって。
よくわからないけど、Wikipediaに散在する情報を集めてみると、ヘルスケアワーカーでクルーズシップエンターテイナーでもあるこの人はDubstar(イングランド)のStarsという曲をカバー(この曲はゴシックメタルバンドLacuna Coil(イタリア)にもカバーされている)している。ほかにもDeepFrost production teamって言うノルウェーの曲作りチームによるStayって曲を歌ってる。
Saint - Show Me Heaven


Saintとはこの曲も歌っているようだ。
Saint Feat. Suzanna Dee - one in a million


DubstarのStarsのビデオはあったけどSuzanna Dee版はなし。
Dubstar - Stars

いいきょくじゃん。

えー、ゴスメタバンド版。
Lacuna Coil - Stars





Tina Arenaはシンガー/ソングライター/ミュージカル女優で、1996年と2000年にARIA Music Awards(オーストラリアレコード協会賞、的な何か)を5つ受賞(あれ、2回5つ受賞?)、ワールドミュージックアワードではワールドベストセリングオーストラリア人アーティストを受賞。(Over her long career in the entertainment industry she has won numerous awards, most notably 5 ARIA Awards and in both 1996 and 2000 she received the World Music Award for the world's best selling Australian artist.)

Tina Arena - Show Me Heaven (US Version)


Tina Arena - Show me Heaven (EU Version)

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ