Martin Solveig(フランス)

Martin Solveig(フランス)

紛らわしいけどデンマークのSolveigじゃあない。フランスのDJ/プロデューサー。

2007年。レバノンで4位、UK Indieで6位になったRejectionの楽しいビデオはこちら。後半でいろいろかわいそうになってくる。わかっててやってるから笑えるけど。

Martin Solveig - Rejection





動画はMartinSolveigVEVOより。


2006年。レバノンで1位、UK62位、ベルギー30位のJealousy。Martin Solveig - Jealousyビデオ。なんかこの人のユーモアが解ってきたような。

2005年。UK22位、オーストラリア33位。Martin Solveig - Everybodyビデオ。(『ダークナイト』の)ジョーカー風メイクになっていく。

2009年のビデオ。Martin Solveig - One 2 3 Four。今度は『クロウ/飛翔伝説』風メイクに、Mason vs. Princess Superstar - Perfect (Exceeder)チックな「One Two Three Four」。

2008年"I want you" (Feat. Lee Fields)のビデオ。Martin Solveig - I Want Youビデオ。なんかAlex Gaudino(イタリア)とかのビデオ系なのかかと思いきや、思いもよらぬ展開に、やっぱりこの人のユーモアがでてる。

Rejection、Jealousy、Everybody入りのアルバム「Hedonist」。ジャケットが大人っぽい音楽のジャケっぽい感じで意外だ。


よりによって日本版はキモイタイトル。「ジェラシー -ああ、いやらしぃ~- 」とか。命名したお前が一番いやらしぃだろ。
そんな日本版アルバム「ヘドニスト-快楽主義-」はこちら。



2008年のアルバム「C'est La Vie」はこちら。「One 2. 3 Four」も入ってるはず。



それにしてもこれらは名作だ。未見の人は是非。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ

Rebecca Black(アメリカ) 史上最低の曲「Friday」を歌う13歳