音楽に飲み込まれたいあなたに送る6曲

音楽に飲み込まれたいあなたに送る6曲

トリップホップとか、そんな感じで音楽に酔う、飲み込まれることのできる6曲を紹介。


-----


LaMeduza - LadFa (feat. L'Arnak)



LaMeduza(スイス)フランス・スペイン系でアメリカ生まれ、ジュネーヴ育ち。
Creative Apple Contestでは2008年に「A While Longer」、そして2009年に「Bit of This and That」で連続受賞している。





-----


8mm - Crawl








8mm(アメリカ)、ロサンゼルスのバンドから2曲。とてもセクシーで雰囲気がある。特に「Crawl」は「窓のそばに立って外を見つめ、受話器と手を耳にやり、おでこを冷たい窓ガラスにつける」なんて思わずその光景が浮かび上がるような、情景豊かな歌詞も良い。

iTunesには残念ながら販売していない。「Crawl」も入っていないが、EP「Opener」収録の他の数曲が入っている『Songs to Love and Die by』をどうぞ。



-----


Sneaker Pimps - Flowers and Silence





Six Undergroundicon」でも有名なSneaker Pimps(イングランド)。この「Flowers and Silence」は、怪しげで寂しい雰囲気が好き。このアルバムSplinterからは「Cute Sushi Lunchesicon」(キュート・スシ・ランチズ)なんていう曲も、こちらも怪しい感じが良い。






-----


Télépopmusik - Don't Look Back





Télépopmusik(フランス)。あの「Just Breath」(リンク先はビデオ)の人たちによる曲。この曲「Don't Look Back」は『Lの世界』の第3シーズンサントラに収録されている。同サントラにはTegan & Sara(カナダ)の「So Jelous」、「Love Type Thing」も含まれている。






-----


Elsiane - Vaporous





Elsiane(カナダ)のこの曲。不思議な浮遊感がある曲。歌い方がダメな人もいるかもしれないが、この癖とメロディーの浮遊感は病み付きになるかも。アルバム全体に統一感があるのでアルバムごと買っちゃってもいいだろう。






-----

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ

Rebecca Black(アメリカ) 史上最低の曲「Friday」を歌う13歳