ボーカルが変わった新生Lasgoのアルバム『Smile』(ベルギー)

Lasgo(ベルギー)- Smile


Ian van Dahl(ベルギー)のメンバーでもあるPeter LutsとDavid VervoortとボーカルのEvi Goffinによって2000年に結成されたグループ。グループ名Lasgoはスコットランドの地名グラスゴー(Glasgow)からとられているとか。


Evi Goffinは2008年に出産と子育てに専念するとのことでLasgoを脱退。その後、テレビで「****(国名)・アイドル」的な番組でLasgoの次のボーカル探しが行われ、現在のJelle van Daelに決まった。
ちなみにIan van DahlもボーカルのAnnemie Coenenが脱退、AnnaGrace(名前の間にスペースは入れないようだ)としてソロ活動をしている。訂正。Ian van Dahlは、David Vervoortが脱退、グループ名をAnnaGraceとして活動をしている。詳しくは当ブログこの記事参照のこと。

新ボーカルJelle van Daelのシングル「Out of My Mind」はベルギーダンスチャートで2位、その後2009年に入ってからの「Gone」、「Lost」は共に1位となっている。ちなみにEvi Goffin時代、シングルチャートでの最高記録は「Alone」が同チャート2位。「Something」、「All Night Long」、「Who's That Girl」。「Lying」はどれも3位どまり。新ボーカルで成功を収めているようだ。

で、Lasgo通算3枚目となる新アルバム『Smile』。通しで聴いてみた。最初にJelle van Daelボーカルで「Out of My Mind」を聴いた時には

新しいボーカリストの声も、これまでのEvi GoffinのKim Wilde(イングランド)風の声とも違う感じで、曲の雰囲気ともあいまってLasgoらしさが無くなってしまった感じかなぁ。


書いていたのだが、よくよく他の曲も聴いてみると結構声というか歌い方がEvi Goffinに似ている。Evi Goffinが歌っているかと思った。

曲の作りも『Far Away』の頃のLasgoっぽい感じでLasgo的。新ボーカルになっても違和感がなかった。アルバム名にもなっているスローテンポな「Smile」まで『Some Things』収録のスローテンポな曲、「Cry」にそっくりだし。

なんとなくEvi Goffin時代の「Pray」を思い出す「Gone」ミュージックビデオこちら

刺青入れたりなんやらする「Lost」ミュージックビデオこちら

アイスバンやらベイウォッチな「Over You」ミュージックビデオこちら


ライブのボーカルのノリはEvi Goffinよりもよくて、Ian van Dahlを思い出した。クチパクばれまくりだけど。



Somebody anybody scream!」はPeter Luts譲りか。こちらのEvi Goffinがいた頃のライブ映像でPeter Luts版「Somebody anybody…」をチェックできる。



ちなみに、子育てにいそしんでいるかと思われたEvi Goffinは…
2009年、なんとスウェーデンのプロデューサーAlex Sayzと新曲「Hate To Love」を作っていた。Lasgoとはお別れだが音楽はやめないそうだ。



まあ、みんな元気にやっているようで何よりだね。


FarSome
Smile(各アルバムのiTunesリンク)

Lasgoこれまでのアルバム3つ。カバーアートからもだいぶ変わった風に見えるんだけど、音楽はあんまり変わってないのでLasgoこれまで好きだった人にはオススメ。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ