Songs For Japan

 iTunes Store(Japan)

2008年11月14日金曜日

今日頭の中で流れていた曲 ~誰かこの曲を止めてくれ!!~

さて、英語はひとまず置いておいて、本題のヨーロッパのダンス系音楽に戻りましょうか。




Mad'House - Like A Prayer
ええ、Madonna版じゃなくて、そのカバー。どこの国の人か知らないし、Last.fmでも他のグループ(madhouse)と間違得られている
独自の調査によると、
ポルトガル、スウェーデン、オランダ、ドイツのどれかっぽい。調査適当すぎかな。

でもUK版Now That's What I Call Music! 52にも、Kylie(イギリス)、Scooter(ドイツ)、4 Strings(オランダ?)など超有名な面々と名前を並べている。

なぞの霊体現る。な、2002年のビデオをどうぞ。



Mad'House - Like A Prayer







さてと、多分ヨーロッパのダンス系音楽を紹介してヨーロッパのダンス系音楽ブログの面目を保ったところで、普段どおりヨーロッパじゃない方向へ走っていきますが、皆さん準備はよろしいでしょうか?


Delerium - Truly (Wise Buddah Radio Version)
なんだかへんちくりんなヴァージョン名ですが、なぜかこの曲が頭で流れっぱなし。
最近買ったアルバムでもあるDelerium(カナダ)のThe Best of Deleriumから。
Trulyは、あんまり上手くないライブ版しかビデオが無かったので、同アルバム収録のAfter Allを。


Delerium & Jaël (Of Lunik) - After All
(キミはなぞの日本語記事を読み取れるか!?)



なぞの日本語記事が読み取れなかったあなたにはSarah McLachlan(カナダ)、Tiesto(オランダ)リミックスのこの超有名な一曲を。
このアルバムにはTiesto版も、個人的にはTiesto版より大好きなRadio Versionも入ってるよ。


Delerium ft. Sarah McLachlan - Silence [Tiesto Remix]


Delerium - The Best of Delerium






ちなみに昨日頭の中で流れっぱなしだった曲は、



Isabella Rossellini - Blue Velvet

デヴィッド・リンチ監督ブルーベルベットOSTより
オリジナルはTony Bennett(アメリカ)
本サントラでは主演女優のイザベラ・ロッセリーニ(イタリア・アメリカ)が歌声を披露、他にはもちろんAngelo Badalamentiのゴージャスなメインタイトルから、リンチの常連Julee Cruise(アメリカ)の歌う主題歌Misteries of Love、Roy Orbison(アメリカ、Pretty Woman歌った人)のIn Dreams(同名映画にも使われている。)、果てはKetty Lester(アメリカ)のLove Lettersまで、大好きな一枚。特にAngelo Badalamentiによるメインタイトルは必聴。


音が小さいけど、Isabella Rossellini - Blue Velvet


ほんとに流れっぱなしで「そういえば誰かBlue VelvetのDVDを貸してとかいってたっけな?」とか考え出しちゃったんだけど、誰に聞いてもそんなこと言ってないとの事。うむむむむ。





Timi Yuro - Hurt
さあ、最後にヨーロッパでもダンス系でもないこの一曲。お風呂上りに頭の中で流れっぱなしだった。
最初聴いた時には男の人が歌っているのかと思ったけど、Timi Yuro(アメリカ)が力強い声で歌いあげる切ない一方通行の愛の歌。

0 件のコメント:

コメントを投稿