Kate Ryan - Stronger ベルギー

ベルギーのシンガー/ソングライターKate Ryanのセカンドアルバム。

基本的にポップでダンスなアルバム。お薦めは2番のOnly If I。6曲目I Like The WayはDeepest Blue(多分イギリス)のDeepest Blueを連想させる。7番Scream & Shoutはヨーロッパ的な匂いのボーカルトランスっぽい楽曲。11曲目のThe Rainはゆっくりめの曲で、雨が上がっていくような雰囲気のポップ。14曲目ではフランス語圏で有名なMylène FarmerのLibertineをカバー(ファーストアルバムDifferentでは同じ人のDésenchantéeをカバー)している。

一般に日本から購入できる範囲のヨーロッパのアーティストは国際的に売るためか大抵英語で歌っており、このブログで紹介されているアーティストも例外ではない。80年代ドイツのModern Talkingだって昨日紹介したBeady Belleだって英語で歌っている。そんな中で何曲かその国の言葉で歌われた曲があるとうれしいものである。Kate Ryanのこのアルバムでは3曲目のJe Lance Un Appel と、上記Libertineがフランス語で歌われている。
でも両親はオランダ系。




そういえば、特にこのアルバムからの楽曲に限らないけれども、彼女の初期のミュージックビデオの出来はひどく悪かったように記憶している。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ