Schlagerというスタイル

今回Fancy(ドイツ)の事を書こうと調べてみてはじめて知ったポップミュージックのスタイル、Schlager。Wikipedia英語版の記事(http://en.wikipedia.org/wiki/Schlager 7 April 2008, at 15:36)を参考に要約すると、

Schlagerはドイツ語で、英語に訳すとhitter、意訳では“ヒット”(a hit)。

北ヨーロッパ、特にドイツ、オーストリア、スイス、スカンジナヴィア、元ソビエトの各国(それらの国々ほどでもないがフランス、ベルギー、オランダでも)で流行った“シンプルでキャッチーなメロディーのスゥィート、非常に感傷的なバラードな曲で、歌詞は恋愛関係もの”。

ユーロビジョンソングコンテストのスウェーデン代表を決定するMelodifestivalen(メロディーフェスティバル)は伝統的にschlagerな曲が多いのでSchlagerfestivalen(Schlagerフェスティバル)と呼ばれているとか。

私含め日本人が好むヨーロッパの曲とか哀愁系の曲もこれに分類されるのではないかしらん。

コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

観る前に聴けば映画『アトミック・ブロンド』が倍楽しめる80年代洋楽集

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ