Modern Talking - Let's Talk About Love ドイツ

さてさて、まずはもしかすると日本でも知っている人が多い(後に紹介するであろうアーティスト達に比べてだけど)であろう Modern Talking。
ドイツ出身の二人組み、 Dieter Bohlen と Thomas Andersによる、多分80年代を代表するポップグループ。超有名プロデューサでもあるDieterは他にもC.C.Catchなどを手がけている。

Bee GeesのStayin' Alive的な高音のさび部分が特徴的かな。
ウィキペディアによるとこのアルバムからはCheri Cheri Ladyがシングルとしてドイツ、スイス、オーストリア、ベルギー、フィンランド、ノルウェー等等で1位を記録、(興味深いことにスウェーデンでは3位)(http://en.wikipedia.org/wiki/Modern_Talking March 2008, at 13:56)

87年に二人は解散、DieterはBlue Systemと言うグループを、ThomasはそのままThomas Andersとしてソロ活動をしていたが98年に再結成03年に解散。Thomasはやっぱりソロを、Dieterは、こちらもやっぱりと言えなくも無いドイツ版アメリカンアイドル、Deutschland sucht den Superstarの審査員をしているようだ。やっぱり。

日本では1986年にビクター音楽産業株式会社からモダン・トーキング シェリ・シェリ・レディとして3200円(!)で発売されている。


コメント

過去1年の記事ランキング

LMFAO「Party Rock Anthem」のシャッフルダンスをかっこ良く踊ってみよう!

『イングリッシュ・モンスターの最強英語術』書評と、もっといい勉強方法。

速報?:フィンエアーのキャビンクルーストライキ終焉。

Lana Del Rey (アメリカ) - 『Born to Die』

Late Night Alumni(アメリカ) まとめ

音楽ファン必見、映画『ベイビー・ドライバー』を観る前に聴いておくべき曲&元ネタ紹介!

今日買ったCD2008年4月30日 アメリカ フランス

『イギリス英語 日常会話表現集: 暮らしの英会話トレーニング』書評

Veronica Maggio(スウェーデン) まとめ

Moulin Rouge - 『Boys Don't Cry』日本語版も大ヒットのスロベニアのハイエナジーグループ